市内事業者・今後市内で事業を行う方

うきは市空き店舗等活用支援事業補助金

市内遊休不動産活用事業
登録機関:福岡県うきは市

目的

空き店舗等の利用促進及びまちの賑わいを創出し、地域経済の発展に資するため、市内の空き店舗等を活用して事業活動を実施するものに対し補助金を交付します。

対象者の詳細

補助金の交付を受けることができる者は、次に掲げる要件を全て満たす個人又は法人とします。
(1) 開業に際して法律に基づく資格が必要な場合、当該資格を有し、又は開業までに有する見込みがあること。
(2) 出店しようとする空き店舗等において1年以上継続して営業することが見込まれ、原則週2日以上かつ午前11時から午後9時までの間に3時間以上営業すること。ただし、市長が特に適当と認める場合は、この限りではない。
(3) うきは市商工会の会員(事業開始にあたり、入会する者を含む。)であること。
(4) うきは市商工会の経営指導を受け事業計画を作成すること。
(5) 税金を滞納していないこと。
(6) 市内で営業している店舗等から空き店舗等へ移転したことにより、移転前の店舗等を空き店舗等としていないこと。
(7) 空き店舗等を改装する場合は、店舗改装工事に着手する前に申請をし、かつ、当該年度に改装工事が完了し、補助対象事業を開始する見込みがあること。
(8) 空き店舗等を改装しない場合は、補助対象事業の開始前に申請をし、かつ、当該年度内に補助対象事業を開始する見込みがあること。
(9) 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団若しくは同条第6号に規定する暴力団員又は警察当局から排除要請のある者でないこと。

支援内容・支援規模

補助金の額は、補助対象経費の1/2とし、100万円を上限とする。
※補助対象経費
店舗改修費:①店舗部分と住居部分の分離に関する工事
②既存設置物の処分費
③店舗改装費(内装工事、外装工事、給排水衛生設備工事、空調設備工事、サイン工事及び電気照明等の設置工事に要する経費)
④設計費
備品費:①事業実施のために必要であり、店舗内据置きと判断できるもの。ただし、1件3万円(税抜)未満については、消耗品とみなし、補助の対象外とする。
②使用目的が限定でき、容易に持ち運びができないもの

募集期間

年数回の公募(予算の上限に達した際は当該年度の募集を締め切り)
※H30年度募集は終了

対象期間

年度内

採択結果

本人に通知

お問い合わせ

うきは市役所うきはブランド推進課商工振興係 電話0943-76-9095